| Co.D.Ex.News | 公演・ワークショップ | スタジオCo.D.Ex.505 | Co.D.Ex.とは? | 会員になりませんか? | お問合せ | Link |   Text Size : A A A
 



天才発掘プロジェクト


スタジオCo.D.Ex.505
貸し出ししてます
スケジュール
利用案内

公演・ワークショップ
Co.D.Ex
Co.D.Ex会員

イベント&募集情報
カキコミ歓迎!掲示板




姉妹館 福岡発
ダンス∞アート情報
RSS表示パーツ

Img_54807fbb13d90cc44f8876b09a932900
オリジナリティあふれるユニークな振り付けが大好評の古家優里の九州新作ダンス公演、その名も『ハートマン/HEARTMAN』のクリエーションがただいま絶好調。福岡で進行中です。

紺屋ギャラリーでの公演では、各回とも終演後に作品にまつわる濃いいートークもお楽しみいただけます。是非、ご来場ください!!

『ハートマン/HEARTMAN』

みゃくみゃくと なかれつづける inside me
ぽくぽくと いつだって dance with me, ハートマン!

構成・演出・振付:古家優里
出演:沖田文子・中山将宙・真吉・山本泰輔
衣装:坂本千代
音楽:武田直之
宣伝美術:加藤笑平

古家優里:熊本県出身。プロジェクト大山主宰< (Click!) >。
09年横浜ダンスコレクションRにて「審査員賞」10年トヨタコレオグラフィアワード「次代を担う振付家賞」受賞
Img_660a5e5c125ad175b1672ee6d390f216
日時: ①12月13日(土)19:30開演、 ②12月14日(日)14:00開演 、③12月14日(日)18:00開演
※開場はいずれも開演の30分前

チケット:前売り:一般2,000円 学生1,500円
      当 日:一般2,500円 学生2,000円

♡チケットご予約は、お名前、公演番号、枚数、連絡先をご明記の上、このメールマガジンの返信にて
お気軽にどうぞ!!


会 場:紺屋2023・konya-gallery 福岡市中央区大名1-14-28 2F
 (Click!) 

主 催:NPO法人法人コデックス
助成:(公財)福岡市文化芸術振興財団「FFACステップアップ助成プログラム」
後援:福岡市、(公財)福岡市文化芸術振興財団
Img_5027604d47f97041f7265098535b6945
フリンジ公式Webサイト公開直後から、嬉しいチケット予約やワークショップお申込、有難うございます!!フリンジ公式Webサイト (Click!) 

全国はじめ海外からもたくさんのご応募をいただきましたFDFF8は、ご応募からの最新気鋭の20作品と海外からの招聘5作品、全25作品を2015年2月7日(土)・8日(日)の二日間5公演で一挙に上演します。
Img_ec9609222f0824325f0c0f794d072852
ブランデーヌ・クレル
Img_e1e7efea469bef4d582ec9ccbfc7f8eb
クイック・スィブン
Img_d6b37d109636368b345ccc43470d348c
オウ・ヨウロク
また、毎回大好評のフリンジワークショップは、2月2日(月)から2月6日(金)の5日間開催で、進行役には、ブランデーヌ・クレル(フランス国立ボルドー音楽院副学長)、クイック・スィブン(シンガポール)、チェ・ミョンヒョン(韓国)、オウ・ヨウロク(香港)各氏を迎えます。

ゲスト陣は、スーザン・バージュ(アメリカ/フランス)、ダンス部門を包括するフランス国立ボルドー音楽院学長、注目を集めるシンガポールの振付家クイック・スィブン氏ほか、海外フェスティバル・ディレクター4名、そして、日本の乗越たかお各氏と、まさに多彩です。

●詳細は公式Webサイトでご覧いただけます=> (Click!) 

//福岡ダンスフリンジフェスティバル 〜ダンスの発火点〜vol.8//

日 時:2015年2月7日(土)・8日(日)
会 場:ぽんプラザホール[福岡市博多区祇園町8-3]
    紺屋2023・konya-gallery[福岡市中央区大名1-14-28-201]

今年2月のFDFFvol.7、アーカイブはこちらでご覧いただけます=>  (Click!) 

======

【福岡ダンスフリンジフェスティバルvol.8 出演者】

・Choi Myung Hyun(ソウル)
 <Gwang Jin International Summer Dance Festival 招聘作品>
・Jun Heung Ryeol(ソウル)
 <ソウルパフォーミングアーツフェスティバル SDCコデックス賞受賞作品>
・Ong Yong Lock(香港)
<中国招聘作品>
・Kil Seo Young(ソウル)
<ソウル国際振付フェスティバル4フリンジ賞受賞作品>
・Metka Kladnik(スロヴェニア)
・秋津さやか(アムステルダム)
・飯田あや(奈良)
・井野laboratory(福岡)
・河原田隆徳(イスラエル・熊本)
・木原浩太(東京)
・四戸賢治(東京)
・素我螺部(京都・佐賀)
・立石裕美(東京)
・CAKRA DANCE COMPANY(名古屋)
・ちょこがーる(福岡)
・寺杣彩(東京)
・苫野美亜(横浜)
・野村香子(京都・福岡)
・花本有加(京都)
・太めパフォーマンス(福岡)
・真吉(福岡)
・村田正樹(東京)
・望月崇博(東京)
・んまつーポス(宮崎) ほか
[50音順]

※事情により変更することがございます。
Img_22331530125324e759150e9d1561520b
【特 報】フリンジ提携公演「ピチェ・クランチェンと私」

日時:2015年2月9日(月)19:00
会場:パピオビールーム・大練習室(福岡市博多区千代)
料金:一般2,500円/学生2,000円(当日3,000円)
チケット取扱:チケットぴあ(Pコード 441-186) Tel:0570-02-9999
主催・お問合せ:アンスティチュ・フランセ九州 Tel:092-712-0904

コンセプト:ジェローム・ベル
出演:ジェローム・ベル、ピチェ・クランチェン

世界的に活躍するピチェ・クランチェン(タイ)とジェローム・ベル(フランス)の作品。2008年、本作の文化的多様性に対し、ジェローム・ベルとピチェ・クランチェンにルート・マルグリット・プリンセス賞が贈られた。

作品について
シンガポールのキュレーター、Tang Fu Kuenの招待により、2009年9月にバンコクでプロジェクトを行うことになったジェローム・ベルは、タイの伝統舞踊家とのコラボレーションを提案し、ダンサーで振付家のピチェ・クランチェンと出会う。この出会いによって生まれたのが本作『ピチェ・クランチェンと私』である。本作は、お互いのことを何も知らず、二人を隔てる文化的な溝にもかかわらず、互いを発見しようとする二人のアーティストの芸術的実践についての、演劇とダンスによるドキュメンタリーである。

アーティスト略歴
<ジェローム・ベル Jérôme Bel>
1964年生まれ、パリ在住。世界各地で活動。1984年〜1985年、アンジェの国立現代舞踊センターにて学ぶ。フランスとイタリアで、複数の振付家のもとでダンサーとして仕事をする。1992年アルベールヴィル/サヴォアで行われた第16回冬季オリンピック式典のため、フィリップ・ドゥクフレの演出アシスタントをする。

<ピチェ・クランチェンPichet Klunchun>
タイの伝統舞踊ダンサー。古い伝統的形式から現代的で新しい実践を試み、タイの舞踊文化を再研究・再解釈する最も大胆なアーティストの一人と見なされている。
Img_3f165ef25bdd91f643a865ec1badebfb

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//ボランティアスタッフ、新会員募集  (Click!) 

あなたのご都合のいいお時間で「
福岡ダンスフリンジフェスティバル~ダンスの発火点~」などの
NPO法人コデックスの事業のお手伝いを一緒にしてくださる方を求めています。
このメールの返信にてお気軽にお問い合わせください

また、社会とのダンスの新たな 関係性づくりを目指し、自由で豊かなコミュニティの実現に貢献するという、NPO法人コデックスの
ミッションに共感し、活動を支えてくださる会員のみなさまをひろく募集中です。
NPO法人コデックスHP をご参照のうえ、このメールの返信にてお申込ください。

//レンタルスタジオ『505』  (Click!) 

福岡天神から5分という最高のアクセス。ダンス、演劇などの練習、公演ほか、ミーティングなどにもご利用いただけます。お問合せ・ご予約は、お気軽にこのメールの返信にてどうぞ。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////