| Co.D.Ex.News | 公演・ワークショップ | スタジオCo.D.Ex.505 | Co.D.Ex.とは? | 会員になりませんか? | お問合せ | Link |   Text Size : A A A
 



天才発掘プロジェクト


スタジオCo.D.Ex.505
貸し出ししてます
スケジュール
利用案内

公演・ワークショップ
Co.D.Ex
Co.D.Ex会員

イベント&募集情報
カキコミ歓迎!掲示板




姉妹館 福岡発
ダンス∞アート情報
RSS表示パーツ

Img_35a69784e2f40e984081f07d37d86a4546583273
街にダンスを!今年も福岡に集い、共にダンスを楽しむダンスウィーク!!

集え!踊り大好きピープル!Let’s Fukuoka Dance Week !
人前で踊ってみたいあなた、発表会をやってみたいグループやサークルの皆さん、劇場で作品発表をしたいダンスアーティスト、福岡の街で、舞台で、みんな思いっきり踊ろう!!

<ライブパフォーマンス@イムズスクエア> 【観覧無料】
天神ど真ん中、秋空のもとイムズ前広場で、みんな踊ろう♪♪
見慣れた街の風景がダンスで変わる!
【会  場】イムズスクエア(福岡市中央区天神1-7-11 イムズ1F正面入口脇)
【日  時】2012年10月4日(木)~7日(日)

<ステージパフォーマンス@大博多ホール>
博多駅すぐ、大博多ホールでプロの照明の中、ステージデビューしてみませんか?
劇場マジックを存分にお楽しみください!
【会  場】大博多ホール(福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル12F)
【日  時】2012年10月8日(月・祝)18:00開場 18:30開演  
【入 場 料】前売 一般1,000円 学生 500円 中学生以下無料/ 当日 一般1,500円 学生1,000円 中学生以下無料

各プログラムについて:
プログラムA:イムズライブパフォーマンス
【会  場】イムズスクエア(福岡市中央区天神1-7-11 イムズ1F正面入口脇)
【日  時】
2011年10月4日(木)17:00〜18:30
2011年10月5日(金)17:00〜18:30
2011年10月6日(土)13:00〜16:00
2011年10月7日(日)13:00〜16:00
【参 加 費】一枠3,000円 (1グループの参加費。1グループ何名で出演頂いても可)
•5分以内のパフォーマンス作品をご用意ください。身体表現であればジャンルは不問。
•複数枠でのご出演も可能です(例:パフォーマンスが10分に及ぶ場合は2枠6,000円にてご参加頂けます)。
•イムズスクエアのライブパフォーマンス期間に一度はご出演いただくことが条件です。

プログラムB:大博多ステージパフォーマンス 
【会  場】大博多ホール(福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル12F)
【日  時】2011年10月8日(月・祝)18:00開場 18:30開演 
【参 加 費】5,000円 (1グループの参加費。1グループ何名で出演頂いても可)
•5分以内のパフォーマンス作品をご用意ください。身体表現であればジャンルは不問。
•複数枠でのご出演も可能です(例:パフォーマンスが10分に及ぶ場合は2枠10,000円にてご参加頂けます)。
•10月8日(月・祝)12:30 〜 17:30の間にリハーサルが可能です。ご出演一組につき30分程度になります。スケジュールは相談の上、決定させていただきます。
•ご出演のみな様はお一人様につき入場チケット1枚のご購入をお願いします。

応募方法:
<応募方法>
件名を「福岡ダンスウィーク参加希望」とし、下記1~8を明記の上、メールにてご応募ください。
1.ご希望のプログラム名(A:イムズ、B:大博多、A+B:イムズ・大博多の両方)
2.団体の名称(個人参加の方は個人名でも可)
3.出演者さま全員のお名前(予定でも可)
4.担当者の連絡先(氏名、住所、携帯TEL、PCメールアドレス、携帯メールアドレス)
5.作品の上演時間(分)
6.作品タイトル
7.使用する曲名および作曲家名
8.団体(個人)プロフィール(200字程度)
9.プログラムAご応募の方:ライブパフォーマンス期間中の出演可能な日時
プログラムBご応募の方:リハーサル可能時間帯すべて
プログラムA、Bともにご応募の方:上記両時間帯すべて
10.参考映像:プログラムB大博多ホールステージパフォーマンスへご応募の方は作品の参考映像をご準備下さい。DVDなどのメディアでの送付か、Youtubeなど動画共有サイトをお使い下さい。動画共有サイトなどご利用の場合は、URLをお知らせ下さい。

※応募受付は先着順になります。定員に達し次第閉め切らせていただくことがございます。あらかじめご了承ください。
※参加費お振込確認後、応募完了となります。
※会場までの往復およびパフォーマンス中の事故や怪我についての保障はございませんのであらかじめご了承ください。

応募締切:
2011年9月20日(木)必着

参加費お振込先:
・ゆうちょ銀行
口座番号:01790-8-88754
加入者名:福岡ダンスウィーク実行委員会
・他社銀行からのお振込の場合
店名(店番)/一七九(イチナナキュウ)店(179)
当座預金/0088754


応募先、お問い合わせ先
〒810-0022福岡市中央区薬院1-14-21-56 NPO法人コデックス内「福岡ダンスウィーク」係
Mail:fdw2012staff@gmail.com
Tel:080-5202-1837
Img_84420ef6b0265f00d3ea5b5dac5892c883389064
 「踊りに行くぜ!!」Ⅱ(セカンド)では、<作品をつくることをサポートする新しいシステム>を全国のパートナーと協働して取り組み、ダンス作品を発表する機会だけではなく、作品制作のサポートをしていくことの面白さと意義を全国的に広げ、日本のダンス作品を豊かにしていく環境をつくっていきたいと思います。
 福岡では、【「踊りに行くぜ!!」Ⅱ B /リージョナル・ダンス・クリエイション・プログラム】において、大橋可也さん(東京)が、福岡在住の方と作品制作を行うダンス・アーティストとして選出されました。
 作品は「踊りに行くぜ!!」Ⅱvol.3福岡公演(3月2日(土)イムズホール)にて上演いたします。今回この作品の出演者を募集しますので、出演を希望されるかたは奮って応募ください。この機会により、福岡でダンス作品制作<ダンス・イン・レジデンス>の現場が実り多いものになることを、また、この作品が多くの観客の心に残るものになることを願っています。

■出演者募集にあたって
 こんにちは。大橋可也& ダンサーズ主宰の大橋可也です。このたび、福岡で『フラジャイル・ワールド』という作品を制作することになりました。この作品の出演者を募集します。
 僕はコンテンポラリーダンスに分類されるダンスに関わるものであり、今回の企画は「踊りに行くぜ!!」Ⅱ(セカンド)という名前の企画です。とはいえ、あなたがダンスにも踊りにも興味はなくても構いません。
 秋葉原連続殺傷事件が起きた2008年、僕たちは『帝国、エアリアル』という作品を制作し、「生きづらさを感じるあなたたちへ。」と呼びかけました。それは僕自身がこの社会に生きづらさを感じていたからでもあります。震災と原発事故から1 年たった今、僕は当時よりさらに強く生きづらさを感じています。
 僕は今年45歳になりました。中年といえる年齢です。日本は中高年の自殺が際立って多い国です。自殺した彼らも生きづらさを感じていたでしょうか。あなたは生きづらさを感じているでしょうか。
 僕にとって作品を制作する過程は生きづらさに立ち向かうための道であり、それが他の人々にとっても自身が抱える問題に立ち向かう道に通じることを願っています。
 今回の作品は自身の存在あるいは自身を取り巻く環境に不確かさとあやうさを感じる人々とともに作りたいと思います。あやうさを抱えたあなたとの出会いを待ち望んでいます。 (大橋可也)


■作品について
タイトル:「フラジャイル・ワールド」
振付:大橋可也
音楽:松永誠剛
クリエイションアシスタント:皆木正純(大橋可也& ダンサーズ)

 脆さと儚さを、不確かさと曖昧さを、断片と欠落を積み重ねていくこと。
 この世の中が完璧じゃないってことは誰もが知っていているはずなのに、
どうして完璧であることを、確実であることを求めようとするのだろう。ここにある身体だって完璧であろうはずはない。そう、僕たちは完璧さから遠く離れ、身体のかけらを、存在のかけらを拾い集めていくのだ。そこにはステンドグラスに囲まれた聖堂のように光り輝く世界が現れるに違いない。
 フラジャイル・ワールドへようこそ。

■大橋可也プロフィール
 大橋可也& ダンサーズ主宰。1967年、山口県宇部市生まれ。1993ー1997年、舞踏家和栗由紀夫に師事。ハードコアダンスを提唱し暗黒舞踏の方法論を基に現代社会の闇に光を当てる作品を作り続ける。2008年に発表した『帝国、エアリアル』では公演に関連したフリーペーパーを制作、配布するなど、ダンスの枠組みを超えた活動をおこなう。
 2012年9月、オルタナティブロックバンド空間現代とのコラボレーション作品『ウィスパーズ』『断崖』を上演。

■応募条件
*15歳以上であること。
*学生でないこと。
*舞台、ダンス等の経験は不問です。
*福岡市在住、あるいは、日帰りで通い可能な近隣在住者(交通費は支給いたしません)。
*原則的に、下記のクリエイションスケジュール及び公演本番に参加可能な方。
*福岡公演出演に関して薄謝ですが出演料をお支払します。

■クリエイションスケジュール
12月8日( 土) ~12月20日( 木)
2月23日( 土) ~3月1日( 金)
*クリエイション会場は福岡市内を予定しています。
*12月8日( 土) の初顔合わせは、必ず出席して下さい。
*2月28日( 木)、3月1日( 金) は会場でのリハーサルのため、終日予定を空けておいてください。
*出演者決定後、相談しながら上記期間内でのクリエイションの休みや実施時間についてなどの詳細を決定します。原則として全日程に参加必須ですが、調整可能な範囲で応相談。

■公演概要
日時:3月2日( 土) 19:00開演(予定)
会場:イムズ 9F イムズホール

■選考方法
大橋可也さんによるオーディションにより10 名程度を選出。

■オーディション概要
日時:10月15日(月) 19:00~22:00
会場:ゆめアール大橋大練習室(福岡市南区大橋1-3-25)
*19:00から開始できるように受付をすませてください。
*会場は18:00からウォームアップで使用できます。
*参加費無料。
*オーディション結果は、2週間以内にご連絡いたします。

■応募方法
①名前
②年齢
③性別
④住所
⑤電話番号
⑥メールアドレス
⑦顔写真
⑧身体表現の活動歴
⑨応募理由
以上を明記の上、申込み先まで郵送もしくはメールにてご応募ください。郵送の場合、用紙サイズはA4のみ。それ以外は受付出来ません。

■応募締切
10月10日(水)必着

■申込み・お問い合わせ先
NPO 法人コデックス内
「踊りに行くぜ!!」Ⅱ福岡公演実行委員会事務局
住所:〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-21-56
TEL:080-5202-1837 / FAX:092-711-0670
MAIL:codex7000@d-codex.com


文化庁委託事業「平成24 年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」
【主催】文化庁、NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
【全体企画・制作】NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
【助成】公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

福岡公演
【共催・制作】NPO法人コデックス、「踊りに行くぜ!!」Ⅱ福岡公演実行委員会
【共催】公益財団法人福岡市文化芸術振興財団
【協力】イムズ
Img_7fa09fbea4e3c032aa0442ae5543f4894b7af33d
大橋可也(撮影:GO)
Img_dd23843f672b279daa9cd0ab63154e107fb4502a
******************************

「福岡ダンスフリンジフェスティバルvol.6」の作品募集を開始します。募集チラシは、ダンスを創っておられるみなさまの目に触れることを祈って、来週あたりから全国的に設置の予定です。自由に表現したい!しかし、ダンスを創ること踊ることは、けっして生易しい行為ではありません。また、頭だけでは生まれません。凄い、覚悟と勇気と忍耐・・・。「福岡ダンスフリンジ フェスティバル」は、この多くの困難の中から立ち上がってくる、生き生きと自由な人間性の発露としてのダンスの誕生を見守り、祝福します。 

The give birth to a dance is by no means an easy task. One can not create by simply imaging a dance, and a tremendous amount of patience, courage, and resolution is called to bring a piece to life. Fukuoka Dance Fringe Festival is a place to nurture and celebrate dance, as a product of perseverance and a burst of free human nature. Yoshiko S. Swain (NPO Co.D.Ex.)


【作品応募締切】2012年10月1日(月)
【公  演】 2013年2月 2日(土)~ 2013年2月 3日(日)
【会  場】 大博多ホール |
       福岡市博多区博多駅前2丁目20-1大博多ビル12F

詳細:WEB ARTLIER 文化芸術情報サイト
****************************
/Fukuoka Dance Fringe Festival vol. 6
Now accepting submissions (Submission Deadline: October 1, 2012)

Festival Dates/Venue: February 2 & 3, 2012 at the Dai Hakata Hall (Fukuoka City, Japan)

See below for detailed or WEB ARTLIER  (Click!) 

We are excited to announce the 6th Fukuoka Dance Fringe Festival.
This year's theme is "the ignition point of dance.” We encourage dancers everywhere to apply for a chance to showcase their original works on an international stage.Fukuoka Dance Fringe Festival has grown both in size and in the quality of works presented since the inaugural festival in 2008.Nevertheless, it still strives to fulfill its original mission to provide

・ A venue where choreographers and dancers can experiment
・ A stage where new and diverse works of dance are enjoyed and
studied from many perspectives
・ A meeting place for choreographers, dancers, and others with
interest in the performing arts

This year we are especially interested in showcasing dancers who have not had a chance to showcase their talents and imagination overseas. To this end, we are subsidizing traveling costs for dancers in need. Please do not hesitate to contact us if financial considerations are preventing you from applying tothe festival.

****************************

福岡ダンスフリンジフェスティバル vol.6~ダンスの発火点~
出演作品募集!!

2008年にスタートした「福岡ダンスフリンジフェスティバル~ダンスの発火点~」は今回で6回目を迎えました。このフェスティバルは、

●新進気鋭の振付家・ダンサーの作品発表・実験の場であること
●多様で新しいダンスをさまざまな角度から楽しむ・探究する場であること
●振付家・ダンサーおよびダンスに関心のある人の交流の場であること

を目指して、出演作品を日本全国・アジア諸国はもちろん世界各国から募集して開催するダンスの一大イベントです。
この機会にぜひチャレンジしてみてください!

-----------------------------------------

ダンスを創ることは、けっして生易しい行為ではありません。頭だけでは生まれません。凄い、覚悟と勇気と忍耐・・・。「福岡ダンスフリンジフェスティバル」は、この多くの困難の中から立ち上がってくる、生き生きと自由な人間性の発露としてのダンスの誕生を見守り、祝福する場でありたいと思います。
フェスティバル・ディレクター スウェイン佳子(NPO法人コデックス)

福岡ダンスフリンジフェスティバルは、いち早くアジアの主要フェスティバルと連携し、強固なネットワークを築いてきた。これからも互いの国のダンサーが活躍する場として、さらに成長と躍進を!
フェスティバル・アドバイザー 乗越たかお(作家・ヤサぐれ舞踊評論家)

-----------------------------------------

【公演概要】
■日時:2013年2月2日(土)・3日(日)
   ※上記のいずれか1日に出演していただきます。
   ※1月30日(水)より会場にてテクニカルスタッフとの打ち合わせ・リハーサルができます。詳細は出演決定後に調整いたします。

■会場:大博多ホール
[福岡市博多区博多駅前2丁目20−1大博多ビル12F/JR博多駅下車徒歩5分]
※ホールの詳細は下記のURLをご覧ください。
 (Click!) 

【応募条件など】
・ダンス作品を創っている人なら、どなたでもご応募できます。
・福岡県外の出演者については、交通費(1組につき最大5万円までの実費)が支給されます。
・1作品の長さは20分以内を原則としています。
・新作・再演いずれも可。
・テクニカル(舞台監督・照明・音響)については主催者が手配したスタッフがおこないます。
・滞在期間中にかかる宿泊などの費用、衣裳、美術費、運送費など、交通費以外にかかる費用は、
 ご自身で負担していただきます。
・原則ノンセレクトとしたいと思っていますが、公演時間の都合により、応募作品多数の場合は、
 事務局で出演者を決定させていただきます。
・参加費・チケットノルマはありませんが、自分たちの作品をより多くの方に観ていただくため、
 広報・宣伝への最大のご協力をよろしくお願いいたします。

【応募方法】
応募に必要なものをEメールか郵送でお送りください。

【応募先】
NPO法人コデックス
Eメール:codex7000@d-codex.com
郵送:〒810-0022福岡市中央区薬院1-14-21-56

【応募に必要なもの】
○応募用紙 ApplicationForm
下記からダウンロードしてご記入下さい。
WEB ARTLIER  (Click!) 
 ★FDFFvol.6応募用紙(Word)
 ★FDFFvol.6応募用紙(PDF)

○上演作品の内容が分かる映像
下記のいずれかの方法でお送りください。

・Eメールでの応募の場合:データで送付いただくか、動画共有サイトをご利用の上URLをお知らせください。

・郵送での応募の場合:DVDでお送りください。必ず「応募者名」「作品名」を明記してください。ファイナライズされていることを確認の上お送りください。

※応募いただいた用紙・DVDはご返却いたしませんので、ご了承ください。

【応募締切】
2012年10月1日(月)※郵送の場合は消印有効
※11月上旬頃に出演者を決定する予定です。

会場 大博多ホール
   福岡市博多区博多駅前2丁目20−1大博多ビル12F

主催:NPO法人コデックス、(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市
助成:福岡地区舞台芸術運営協同組合
協力:JAPAN DANCE PLUG、Seoul Performing Arts Festival、Seoul International Choreography Festival, International Performing Arts Project

問い合わせ
NPO法人コデックス
TEL:080-5202-1837
E-mail:codex7000@d-codex.com
 (Click!) 

****************************
English version Fukuoka Dance Fringe Festival (FDFF) vol.6
****************************
Fukuoka Dance Fringe Festival vol. 6 (FDFF vol. 6)
The ignition point of dance Now accepting submissions!!
Submission deadline:
October 1, 2012

Festival Dates/Venue:
February 2 & 3, 2012 at the Dai Hakata Hall (Fukuoka City, Japan)

Organized by: NPO Co.D.Ex.
Fukuoka City Foundation for Arts and Culture Promotion (FFAC)
Subsidized by: Kyushu Stage Art Manage Association
Supported by: Japan Dance Plug, Seoul Performing Arts Festival (SPAF), Seoul International Choreography Festival, International Performing Arts Project

To create dance is no easy task. It cannot be brought to life by thinking and imagination alone. Determination, courage, perseverance… As dance develops by overcoming obstacles, Fukuoka Dance Fringe Festival witnesses and celebrates it as a vibrant and free expression of what it is to be human.

Festival Director
Yoshiko Swain
(N.P.O. Co.D.Ex. Director)

Fukuoka Dance Fringe Festival pioneered collaboration among major Asian dance festivals and created a strong network of mutual support and development. I look forward to its continued growth and progress as a stage on which dancers from different countries mutually flourish.

Festival Advisor
Takao Norikoshi
(Writer and Performance Art Critic)

The upcoming “Fukuoka Dance Fringe Festival—the ignition point of dance” is the 6th Fringe Festival since its beginnings in 2008. The Festival aims to be

• A venue where choreographers and dancers can experiment
• A stage where new and diverse works of dance are enjoyed and studied from many perspectives
• A meeting place for choreographers, dancers, and others with interest in the performing
arts
The festival has developed into an important event. Works of dance are being submitted from all over Japan, Asia, and the world. We invite you to seize this opportunity and submit a work for consideration.

--------------

Festival Details:

• Date February 2 & 3, 2013

- Works selected will be performed on either February 2 or 3. No work will be performed twice.
- Performers will be expected to take part in technical meetings and rehearsals starting on January 30, 2013. A detailed schedule will be sent once the selection process is concluded.

• Venue
Dai Hakata Hall
(Hakata Eki-Mae 20-1, Dai Hakata Building 12F, Hakata-Ku Fukuoka City, Japan)
- 5 minutes by foot from Hakata Station (Hakata-Eki) of the Japan Railroad
- Please visit the venue website for more details  (Click!) 

Submission details:

• Any original work of dance is welcome to be submitted for consideration.
• For performers travelling from outside Fukuoka Prefecture, travel expenses will be
subsidized (up to ¥50,000 per group).
• As a general rule, the length of the work should be no more than 20 minutes.
• The work can be a first time performance or a repeat performance.
• The Festival staff will handle the backstage support (stage direction, lighting, sound)
for all performances.
• Except for travel expenses, which may be partially or fully subsidized at the
Festival’s discretion, performers are responsible for all costs relating to their
performance at the Festival such as accommodations, costumes, stage art, and shipping.
• The Festival strives to provide an opportunity for all submitted works to be performed.
If, however, there are too many submissions for the time available, the Festival will
have sole discretion in selecting the works to be performed.
• There are no fees or ticket sale requirements associated with participation.
Nevertheless, we ask that performers enthusiastically promote and advertise the
Festival to attract a wider audience.

Rules of Submission(Application):

Submissions are accepted electronically or by mail.

• Electronic submissions should be sent to: E-mai:codex7000@d-codex.com

• Please send by mail to the address below.
NPO Co.D.Ex.
Yakuin 1-14-21-56
Chuoh-Ku, Fukuoka City
Japan 810-0022

• Items to be included in Submissions(Applicatio Form):
※ Billing application form in English => Email: codex7000@d-codex.com

Downloadable online from
WEB ARTLIER  (Click!) 
 ★FDFFvol.6 Applicatio Form(Word)
 ★FDFFvol.6 Applicatio Form(PDF)

• A video of a performance of the work being submitted
• For electronic submissions, links to video-sharing websites such as YouTube are
encouraged. Video files sent by email are also accepted.
• For mail submissions, a DVD with the video of the piece should be included. The title
of the work and the name of the submitting person/group must be clearly written on the
DVD. Please make sure that the DVD has been finalized before sending. The submitted DVD
will not be returned.

Submission Deadline:

October 1, 2012
• Mail submissions postmarked on or before October 1st, 2012 will be accepted
• Performers will be notified about acceptance by early November

Contact:
NPO Co.D.Ex.
Tel: 080-5202-1837
Email: codex7000@d-codex.com