| Co.D.Ex.News | 公演・ワークショップ | スタジオCo.D.Ex.505 | Co.D.Ex.とは? | 会員になりませんか? | お問合せ | Link |   Text Size : A A A
 



天才発掘プロジェクト


スタジオCo.D.Ex.505
貸し出ししてます
スケジュール
利用案内

公演・ワークショップ
Co.D.Ex
Co.D.Ex会員

イベント&募集情報
カキコミ歓迎!掲示板




姉妹館 福岡発
ダンス∞アート情報
RSS表示パーツ

Img_9f520f6353fcee8df92e6d8817b100700ebd1596
期間中、近藤良平氏(ダンサー・振付家・コンドルズ主宰)、
タイのJ-POPダンスバトルチャンピオンの来福決定!!

■「福岡ダンスウィーク」ライブパフォーマンス@イムズスクエア
日時:2010年12月1日(水)〜5日(日)
   水〜金/17:30 - 19:00
   土〜日/13:00 - 16:00
会場:イムズスクエア(福岡市中央区天神1-7-11イムズ1F正面入口脇)
   ※観覧無料

■「福岡ダンスウィーク」セレクション公演
日時:2010年12月7日(火)19:30開演(予定)
会場:大博多ホール(福岡市博多区博多駅前2-20-1大博多ビル12F)

主催:福岡県・ふくおか県民文化祭福岡県実行委員会、
(財)自治総合センター、
   NPO法人コデックス、福岡ダンスウィーク実行委員会

協力:アジア・ユース・カルチャー・センター(AYCC)、イムズ、
福岡地区舞台芸術運営協同組合 他

<応募要項・条件・方法>

□応募A/オリジナル・パフォーマンス@イムズスクエア

募集締切:2010年11月22日(月)
参加費:無料 ※応募多数の場合は抽選となります。
応募条件: 
・10分以内のオリジナルパフォーマンスであれば、あらゆ
るダンス、演劇、音楽などジャンルは問いません。
・12/1(水)~12/5(日)のイムズスクエア(福岡市中央区天神)
のライブパフォーマンス期間中、一度は出演できること。

応募方法:
件名を「応募A/オリジナル・パフォーマンス」とし、
下記1〜3を明記の上、メール[codex7000@d-codex.com]
もしくはFAX[092-711-0670]にてご応募ください。
1. グループの名称(個人参加のかたは個人名)
2. 担当者の連絡先(氏名、住所、携帯TEL、携帯メールアドレス、
          PCメールアドレス)
3. パフォーマンスのタイトルと要する時間


□応募B/J-POPダンス合戦

募集締切:2010年10月31日(日) 
場所:イムズスクエア・大博多ホール
参加費:2,000円
参加費振込先:ゆうちょ銀行 口座記号番号/01790-8-88754
加入者名/福岡ダンスウィーク実行委員会
他行からゆうちょ銀行へお振込の場合
         店名(店番)/一七九(イチナナキュウ)店(179)
         当座預金/0088754

スケジュール:
10/31    募集締切
11/11〜25 ウェブ投票期間 
      サイト”アジアンビート”  (Click!) 
11/27   ウェブ投票結果発表予定
      ライブパフォーマンス@イムズスクエア出演者決定!
12/1〜5 ライブパフォーマンス@イムズスクエア
      連日のライブパフォーマンスでセレクション公演
出演者決定!
12/7 いよいよ舞台へ、明りの中へ!!

応募条件:
・J-POP(曲は自由ですが、編曲不可)に振付した10分以内の
 オリジナルパフォーマンスであること。
・イムズスクエアのライブパフォーマンスに1回以上参加でき、
 最終審査に選ばれた場合は、大博多ホールでの12/6(月)の
 リハーサルおよび12/7(火)のセレクション公演に出演可能なこと。

応募方法:
件名を「応募B/J-POPダンス合戦」とし、下記1~6を明記の上、
メール[codex7000@d-codex.com]もしくはFAX[092-711-0670]
にてご応募ください。
1. グループの名称(個人参加のかたは個人名)
2. 担当者の連絡先(氏名、住所、携帯TEL、携帯メールアドレス、
          PCメールアドレス)
3. 作品の上演時間(分)
4. 曲名、歌手名および作曲者名
5. 出演者の簡単なプロフィール(200字以内)
6. 作品映像を下記までお送りください。ご応募いただいた映像は、
 WEBサイト”アジアンビート” (Click!)  内で
 公開される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
 
【映像のおくり先】
データの場合は E-mail:codex7000@d-codex.com]
DVD・VHSの場合は 〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-21-56
 NPO法人コデックス「福岡ダンスウィーク」係

ご注意)各会場までの往復、パフォーマンス中の事故や怪我についての
    団体保険はございませんので、あらかじめご了承ください。  

お問合せ先:
福岡ダンスウィーク実行委員会事務局
E-mail:codex7000@d-codex.com  電話 080‐5202‐1837
〒810-0022 福岡市中央区薬院1‐14‐21‐56 NPO法人コデックス内
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_0d481a321f037dadeac5e3cd7ee09e78bbcd704b
○マドモアゼル・シネマ2010旅するダンス
     「不思議な場所」福岡公演決定!!
会場:ぽんプラザ(福岡市博多区祇園町8番3号)
日時:2010年10月29日(金)19:00開演(開場30分前)
入場料:前売 2500円 当日 3000円
    学生 2000円 小中高 1500円
チケット取扱
・ローソンチケット 全国のローソンにて求めいただけます。Lコード82930
・メガチケットアートリエ:092-281-0103 (Click!)
・JCDNダンスリザーブ: (Click!)

●公演概要
平成18 年「不思議な場所」は総合的な舞台芸術の創出を目的に、
多ジャンル共同創作プロジェクトとして活動を開始。同年11月
文化庁芸術祭に参加( 東京)、以来19 年10 月国内巡回公演(岩国、
東京、松本)、20 年6 月シビウ国際演劇祭( ルーマニア) に参加、
同年10 月ルーマニア凱旋公演として文化庁芸術祭に参加(東京)、
振付・演出の伊藤直子が文化庁芸術祭舞踊部門で新人賞を受賞。
その後、21 年10 月オーストリア・ブルガリア巡回公演と上演を
重ね、ワークインプログレスで作品を変容させるという目的を
続行しています。
 初演から4 年間、さまざまな体験をしてきた作品は繰り返し
見直し作業を行い、テーマである現代における「家族」や「家」
についての考え方を深め、コラボレーションの密度をあげて、
濃密なダンス・シアターを創りあげます。

●作品内容 
最初にあったのはマルグリットデュラスの言葉「不思議な場所
です、家は。」デュラスは“家” を女の場所だといっています。
「悲しみ、白昼夢、魔術は女性のもの」と。作品はある共通の
時代を背景に進行します。それはベルリンの壁が崩壊した1989年。
世界が変化し、幸福な感覚を共有するのが困難な現在を、映像、
美術、衣裳ダンスそれぞれがその手法でその時代感覚を資格化し、
表現を積み重ねていきます。
“つながる” “別れる” “つつむ” “こわれる”・・・・・。
共同作業の中で生じてきたキーワードで空間は構成され、今は
遠くふる里を離れて暮らす女の一生が浮遊します。
  
●出演者・スタッフ
振付・構成:伊藤直子/映像:梶村昌世
出演:村雲敦子、相原美紀、竹之下たまみ、伊達麻衣子、大島菜央、
伊藤茉野、佐々木さやか
照明:石関美穂 /音響:上田道崇、相川貴/舞台監督:関根一郎
衣裳:はらだまつの/美術:くに若尾、二宮とみ/音楽:宮内康乃、PIU
記録映像:PLASTIC RAINS /記録写真:伊藤孝

●主催・共催・助成・協賛・協力
主催:マドモアゼル・シネマ
共催:セッションハウス(東京)
   Damda!(岡山)
NPO 法人コデックス(福岡)
助成:芸術文化振興基金
   EU・ジャパンフェスト日本委員会
協賛:
協力:ハニカム基金
主催:マドモアゼル・シネマ
〒162-0805 東京都新宿区矢来町158 セッションハウス内
Tel.03-3266-0461

共催:NPO法人コデックス 
〒162-0805 福岡市中央区薬院1-14-21-56
Tel.080-5202-1837 Fax.092-711-0670
E-mail:codex7000@d-codex.com
「福岡発ダンス∞アート情報」 (Click!)
「Co.D.Ex.」 (Click!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_e0733f9914604e936a455eb25d9b5a3ea6b9bc0d
●「福岡ダンスフリンジフェスティバル vol.4」参加作品募集!!

NPO法人コデックスは、きたる2011年2月6日(日)開催の
「福岡ダンスフリンジフェスティバル vol.4」参加作品を公募します。
アジアへひらく福岡市で2007年度より毎年開催されている、
ユニークな本フェスティバルへ皆さまのご応募をお待ちしております。

○CONCEPT

現代のオリジナリティー溢れるダンスを広く紹介すると同時に、
ダンスアーティストのさらなるステップアップ、交流、作品発信に
貢献することを目的とします。本フェスティバルは当初から海外の
ダンスフェスティバルとの提携を積極的にはかり、「ソウル国際公演
フェスティバル」、「ソウル国際振付フェスティバル」から優れた
作品を招聘し上演しています。また、本フェスティバル出場者が
2010年度にソウルでの劇場公演やフェスティバルへの招聘を受ける
などの成果をあげています。


○募集概要

【スケジュール】
公募期間 : 2010年8月 8日(日)〜10月15日(金)

応募フォームと参考資料の提出/2010年10月18日(月)必着
上演作品決定・発表:11月初旬  
※ 選考結果は各応募者への通知およびウェブサイト上で発表します。

公演日時 : 2011年2月6日(日)
※ 2011年2月2日(水)から公演までの5日間、公演会場の
 大博多ホールにてリハーサル・舞台技術者との打合せが出来ます。
 (出演決定後に調整します)

リハーサル&公演会場:大博多ホール  
           福岡市博多区博多駅前2丁目20-1大博多ビル12F

【応募締切】 2010年10月15日(金)

【応募方法】専用の応募フォームをダウンロードし必要事項を記入の
      うえ、参考資料とともに郵送にて以下までご応募ください。
 
     応募先・郵送先/ NPO法人コデックス「福岡ダンスフリンジ
             フェスティバル」事務局
             〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-21-56
     応募フォームダウンロード先→ (Click!) 

【応募条件】
・経験・年齢・国籍 不問。 ダンスアーティストとしての
 ステップアップを目指す方。
・一作品の長さは、S=5分以内/M=5分〜15分以内 /L=15分以上。
・福岡県外の出演者については交通費支援(一組につき最大5万円
 までの実費)あり。
・参加費、チケットノルマ 無。

【選考について】
原則ノンセレクト。 
応募作品多数の場合はアドバイザーと事務局で協議のうえ選出。

【お問い合わせ】
NPO法人コデックス「福岡ダンスフリンジフェスティバル」事務局
〒810-0022 福岡市中央区薬院1-14-21-56
Tel: 080-5202-1837 Fax: 092-711-0670
E-mail: codex7000@d-codex.com
Web: (Click!) 
福岡発ダンス∞アート情報(Blog): (Click!) 


 主催: NPO法人コデックス
 助成:福岡地区舞台芸術運営協同組合 (財)福岡市文化芸術振興財団
 後援:(財)福岡市文化芸術振興財団 福岡市
 協力:JAPAN DANCE PLUG 
   Seoul Performing Arts Festival
   Seoul International Choreography Festival
   NPO法人アートマネージメントセンター福岡
 アドバイザー:乗越たかお(ダンス批評家) 崔 柄珠(ダンス研究家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Img_5e592ad314db6f7470aa8f9c88ce65ca2376f191
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  コデックス新会員募集中!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地域社会とアートの新たな 関係性づくりを目指し、誰もが創造し・
表現する機会と喜びを享受できる自由で豊かなコミュニティの実現に
貢献するという、NPO法人コデックスのミッション・目的に共感し、
NPO法人としての活動を支えてくださる会員をひろく募集中です。
多くの方のご賛同、ご入会をこころからお待ちしております!

→会員募集についてはこちら  (Click!) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  CODEX505レンタルしています!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
福岡天神から5分。大名紺屋町の「紺屋2023」ビル5階という最良の
アクセスのスペ−ス 『CODEX505』は、ダンス、演劇など各 種公演が
できる面白いミニシアター。また貸しスタジオ、リハーサル室など、
『CODEX505』を思いっきりあなたの自由な発想でご利用ください。
お問合せはお気軽に!

→CODEX505 の利用についてはこちら  (Click!) 
2000年から2009年まで、10年間継続して開催してきました
「踊りに行くぜ!!」が、今年度から生まれ変わり、新たな目的
<ダンス作品制作環境整備>に向けて、「踊りに行くぜ!!」Ⅱ
としてスタートします!

「踊りに行くぜ!!」Ⅱ 福岡公演 伊丹公演上演作品B/リージョナル・

ダンスクリエイション福岡・プログラムダンス・パフォーミング
アーティスト
タケヤアケミ作品の出演者を募集しています。

「踊りに行くぜ!!」Ⅱでは、<作品を創ることをサポートする新しい
システム>を
全国のパートナと協働して取り組み、ダンス作品を発表する
機会だけではなく、
品創作のサポートをしていくことの面白さと意義を
全国的に広げ、日本の
ダンス作品を豊かにしていく環境をつくって
いきたいと思います。

この福岡では、【「踊りに行くぜ!!」ⅡB/リージョナル・ダンスクリ
エイション・
プログラム】において、タケヤアケミさん(ウィーン)が、
福岡在住の方と
作品制作を行うダンスアーティストとして選出されまし
た。作品は「踊りに行くぜ!!」Ⅱ福岡公演(イムズホール)2月26日と

伊丹公演(アイホール)3月4日、5日で上演いたします。

今回この作品の出演者を応募しますので、出演を希望されるかたは奮って
応募ください。この機会により、福岡でダンス作品制作<ダンスインレジ
デンス>の現場が実り多いものになることを、また、この作品が多くの
観客の心に残るものになることを願っています。


<作品内容について>

下記に作・振付のタケヤアケミさんの作品についてのエッセイを記載して
いますので
ご覧ください。

<選考方法>

タケヤアケミさんによる書類・映像選考。必要があれば、タケヤさんから
応募者に
連絡する場合もあります。

<応募条件>

*女3人男2人年齢22才から40才までの方。
*言葉、声の表現、同時に日常的な動作・しぐさなどを含めて、あらゆる
 身体的な
 表現を探る目的の総合的なパフォーマンス作品ですので、
 基本的に肉体を媒体とした
 身体アート・パフォーマンスへの理解や
 興味があり、自分の意見を言葉で表せる人で、
ダンサー・パフォーマー・
 役者など身体表現の経験がある方。(今までの舞台活動経験に、
クリエ
 ーターとのオリジナルな作品制作に携わった経験がない方でも、今回の
 作品制作で
この身体表現に新たに取り組んでみたいという意欲のある方
 も応募可能。)
*福岡市在住、あるいは、日帰りで通い可能な近隣在住者。

<応募要綱>

名前・年齢・性別・住所・電話番号・メールアドレス・ダンス又は演劇の
経験
(あれば所属)を明記の上、応募者の表現活動がわかる参考映像資料
DVDを
下記まで郵送してください。(送り先は下記)

資料DVDは合計分数60分までに納めて下さい。作品数は何作品でも可。

<締切>

11/30(日)消印有効   ※結果は、約1ヶ月後にご連絡いたします。

<条件>

伊丹公演への旅費(移動、宿泊費)及び、伊丹、福岡公演出演に関して

薄謝ですが出演料をお支払します。

<申込み先>

NPO法人コデックス内「踊りに行くぜ!!」事務局

TEL 080-5202-1837/FAX 092-711-0670/MAIL codex7000@d-codex.com


【リハーサルについて】  

日程:2011/2/8(火)〜24(金)

*2月16日(水)は休日。(2月8日の初顔合わせは、必ず出席のこと。)

*2月23日(木)は、Showingを行います。

*リハーサル会場は福岡市内です。

時間:平日は夕方〜21:30頃まで。土日は、午後から21時半頃までを予定
しています。
出演者決定後、相談しながら詳細を決定します。原則として
全日程に参加必須ですが、
調整可能な範囲で応相談可。

【公演について】

●福岡公演  
劇場入り/2月24日(木)25日(金)
リハーサル等入りますので、終日予定を空けておいてください。
公演/2月26日(土)19:00開演(予定)
会場/イムズ9Fイムズホール

●伊丹公演
劇場入り/3月3日(木)移動日、リハーサル

公演/2月4日(金) 5日(土)開演時間未定。5日は伊丹に泊まりになる可能性が
あります。

会場/伊丹市アイホール

平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業
全体企画・制作・主催:NPO法人ジャパン・コンテンポラリーダンス・ネットワーク(JCDN)
福岡公演主催:NPO法人コデックス/「踊りに行くぜ!!」Ⅱ福岡公演実行委員会
共催:(財)福岡市文化芸術振興財団福岡市  協力:イムズホール
助成:アサヒビール芸術文化財団


【作品内容について】

文:タケヤアケミ (ダンス・パフォーミングアーティスト )


□作品概要
この作品は、"死んで、また生き返る、死ぬ"をゲームとして扱った、行為の繰
り返しです。身体言語として<囲む_入る_侵す_溶ける_歪む_曲がる _
折れる_振動する_通る_反射する_隠す_包む_重なる_ずれる_剥ぐ_失
う_出る_透ける_消える_分割する_分裂する_崩れる_破裂する_拡大す
る _増殖する_連続する_繋ぐ_結ぶ_絡む_立体化する_暗示する>の動
きの要素で構成。
作品内容は、犯罪/サスペンス事件を通しての人の反応、
社会における人の繋がりを風刺的に展開。シーンは場面ごとに準備されたスコ
ア(進行表)に準じて創 作・リハーサルを実施。
死に至る事件の発端・過程・原因は、映画や今までの犯罪の歴史の中からリサ
ーチ。そして<報道/報告>する、されることを視点に置 き、パフォーマー
同士が舞台で撮影した映像が流されるという試みを実施します。

□作品意図

役を演じるという芝居的な表現ではなく、ハプニングとしての行為とその反応
の為の演出を試みる。自分を客観的に距離を於いて眺めた時の、現実の把握、
認識、そして他者、社会との関わりを重視します。
創作に関しては、言うまで
もなく、SOSは危機状態で我々の魂を救って!というコンセプトが背景にある
ので、表現のテーマは危機状態での咄嗟の反応や感情の状態の描写です。特
に本能や感覚的な察知がどう働くだろうかなどです。危機状態時になされる
生命保持の為の判断と対処、その心の動きを浮き彫りにします。理由がある
から、何かが起こった から動くという行動の必然の原理を探りながら、SOS
状態という悲劇の中でも笑う余地がある人間のユーモア性を取り上げていき
ます。

□作品設定

5人のダンサーがステージに横に一列に並んだ状態が基本形で、幾つかの例外
があるとしてもこの状態がシーンごとの始まりの配列で進行します。
報道の目
・・・舞台にヴィデオカメラか写真カメラを置き、パフォーマーの誰かが、自
分達がしでかした事件を時々撮って、それが同時にスクリーンに放映。*或は
観客がそれを撮るというシーンもあります。
演出的にはソロ/個人の存在感の強化:タイミング、攻撃性、緊張と弛緩、空
間把握、個人の歴史、共有感、顔、態度、仕草、言葉、自分の声、音との瞬時
の選択・相互関係。なぜ演じるのか、踊るのか?なぜ人前で?どの観客に自分
を一番提示したいのか?そのパワーは何処に向けられるのか?などをキー・セ
ンテンスとして創作していきます。メッセージを孕んだハング性を重視します。
実際にスタジオでパフォーマー同士の組み合わせによって生まれる緊張感など
をもとに現場の創作で詳細を定義していきます。ソロ・デュオ・トリオ・グル
ープ内の孤立/連帯/葛藤といった行為へ発展していくまでの演出を組み込ん
だ構成にします。そこから人との接点から生まれる新たな情況、
関係を暴いていきますー個人と他人、社会の狭間での自分の状態を確認。実施
場所の今までの事件、犯罪を幾つか取り上げますので、前もってリサーチして
おきます。必要な場合は地元の方とコンタクトして調査。犯罪の歴史、事件な
ど。最終的にシーンにはタイトルと番号が付けられて順を追って演じられます。
振り付け、行為の配置は図形ー幾何学的なルールを持って、SOS状態の姿を構
図して我々の社会、人間模様等を風刺画風にします。
音に関しては、パフォ
ーマーの声を録音したり、その土地の町のノイズ音を録音したものリソース
にするとか、パフォーマーの舞台の声、或は歌でなりたつ簡素な形を構想中。


**********************************************************************
■タケヤアケミプロフィール■
現在ウイーン在住。ダンサー、振付家、身体&声のダンス・パフォーミングア
ーティスト。1999年、ソロ 『drowning fish(溺れる魚)』でオーストリアダン
ス最優秀賞。声と身体の関連性を重視したパフォーマンス作品を独自の表現法
で展開。ソロ作品以外に、音楽、写真、 ヴィデオ、インスタレーション等との
コラボレーション活動(グラニュラー・シンセサイズ/映像音響プロジェクト
"モーションコントロールーモデル 5"'94ー96年、ウルフ・ラングハインリッ
ヒ/映像・音響作家と"風化" 2005年等)音楽家との共演活動は、呼吸音の変
調、テキスト、多種のヴォーカル表現を用いたパフォーマンスを電子音楽家、
ノイズ音楽等と共演(トム・ コラ、クリスチャン・フェネス、内橋和久等)。
2009「踊りに行くぜ!!」vol.10にてソロ作品"触覚"を上演。 2010年の現在
進行中の作品は、新作の檸檬シンセサイザー・プロジェクト